【おもち】

遠い国の伝統の食べ物。
蒸したもち米を杵と臼を使って粘りが出るまでつき、ツブツブがなくなったら食べやすい大きさにちぎって丸くしたり四角くしたりする。
そのまま焼いたり、年の始めには汁ものとして野菜などを一緒に煮込んで食べる。
東方の国では冬になるとご飯やお菓子のかわりに好んで食べる。