作曲環境とデスク周りを整理整頓。

僕の部屋には、ぬいぐるみが多いです。

ただし、アニメ、マンガにはまったく関心がありませんもので、こういった普段から生活必需品として目にする、身近な(例えば、LINEやカカオトークのスタンプ、幼少時に触れたポケモンなど)キャラクターに限られますが、置き場所に困る程度には持っています。

 

まぁ、多いっていうか……

IMG_8165s

ほとんどマニアです!!
( ・`ω・´)キリッ

うわーなんだその可愛くない桃は!!

ひときわ大きく顔を出しているのが、いもむしのニャッキ! (KNYACKI!) と、韓国ではLINEよりも一般的なカカオトーク(KakaoTalk、카카오톡)のキャラクターKakao Friends アピーチです。

アピーチは最近できた韓国人の友人が、LINEをやってなくて仕方なくインストールしたことから知りました。

さすがに写真だとモニターやデスクの方が小さく見えてしまいますが、これはぬいぐるみ側が大きすぎるのです(っ’ω’c)笑

 

その裏側…。

IMG_8167s

このぬいぐるみたちの崩れない絶妙なバランスは、多くの礎の上に成り立っているのです。
モニターの裏でニャッキを支えているスライムのぬいぐるみも大きいのですが、次第に薄れてしまった愛情から、現在は引き立て役にしか使われていません、悲しみ…。

 

整理整頓を行った本来の目的とは?

IMG_8168s

整理整頓を行った本来の目的は、ぬいぐるみのレイアウトではなく、作曲環境にありました。

実はこのデスク、以前は企業間で使用されていたものをたまたま譲り受けたもので、非常に大きなデスクなのですが、靴着用のまま使用するように考えられているのか、はたまた僕の身長が小さいだけなのか、かなりの高さがあるのです。

これまでは、鍵盤もデスク上のキーボードの奥に設置していました。
しかしこれだと腕をぐんと伸ばした状態で弾いたり、そもそも鍵盤の高さとしては高すぎる問題がありまして。

それならばと椅子を高くすると、今度は床に足が付かなくて足が疲れたり、フットペダルが遠かったり……様々な弊害があったわけです。
僕はその昔、ウェイトリフティングをしていた反動か腰に第五腰椎分離症を患っているので、ハーマンミラー社のアーロンチェアというちょっとイイ椅子を使用しているのですが、この椅子が真価を発揮する高さで座りたいですし。

 

たまにはデスク上も片付けないと、かなり汚れていたので、良い機会になったと思います。
鍵盤も弾きやすいし、すわり心地も、モニターの高さもちょうど良いです。

問題は…当然、キーボードとマウスが若干高いことですね(´・-・。)笑

 

結論!!

机の高さがあと10センチ低ければ、マウスもキーボードも鍵盤も椅子の高さも全部丸く収まった!!(´゚ω゚`)

それか床にすのこを敷いてみるとか…?また考えます。

おまけ。

_IGP0671

うちにある、スターウォーズのライトセーバー。
映画(実写)は洋の東西を問わず好きです。